腎臓内科

慢性腎臓病(CKD)とは

わが国の透析患者さんは、2011年末に初めて30万人を越えました。
これは国民500人に1人が透析患者という計算になりますが、透析患者数は日本だけでなく、世界中で増加の一途をたどっています。
これに対して、慢性的に腎機能が低下している透析予備軍を「慢性腎臓病:CKD、Chronic kidney disease)」と呼びます。
慢性腎臓病は、アメリカで提唱された比較的新しい考え方ですが、現在日本には約1300万人の慢性腎臓病患者さんがいると推定されています。
これは、成人の約8人に1人にあたる数ですが、こちらも同様に急激に増えています。
この原因には様々な腎疾患や全身疾患がありますが、糖尿病、慢性腎炎、高血圧などが代表的です。

ckd_01

早期発見するには・・・

慢性腎臓病は、これだけ頻度が高く、かつ重要な国民病であるにもかかわらず、患者さんの大部分は何の症状もないまま、徐々に腎機能が低下していき、末期腎不全へと進行していきます。
しかし、慢性腎臓病を早期発見・早期治療することによって、病気の進行を抑えることができるのです。
むくみ、尿の変化(量の増減、泡立つなど)、体がだるい、貧血、食欲がない、吐き気があるなどの症状が認められた場合には、すぐに病院で検査を受ける必要があります。

ckd_02

循環器病との関連は・・・

最近の研究から、慢性腎臓病では腎臓が悪くなるというだけではなく、腎機能の低下に伴い、「心臓・血管疾患などの循環器病」による入院や死亡が増加する事がわかっています。高齢・糖尿病・高血圧・脂質異常症・喫煙などは、慢性腎臓病と循環器病の両者を悪化させる共通の因子として、特に注意が必要です。

ckd_03

リンク集

ページの先頭へ戻る