腎臓内科

腎臓内科外来

腎臓内科外来では、日本腎臓学会腎臓専門医を中心に、検診で指摘された尿たんぱくや尿潜血から、高血圧症・高尿酸血症や慢性腎臓病に対する診察治療まで幅広く診療を行っています。
血液・尿検査、腹部超音波検査に加えて、心電図検査、動脈硬化や骨密度検査も、院内の最新検査設備で行うことができますので、成人病・メタボリックシンドロームや骨粗鬆症が心配な方も、お気軽にご相談ください。

腎臓病には、一次性の腎臓病(急性・慢性腎炎症候群、ネフローゼ症候群など)、二次性の腎臓病(糖尿病性腎症、膠原病によるループス腎炎、高血圧症による腎硬化症、高尿酸血症による痛風腎など)に加えて、遺伝性の多発性嚢胞腎・妊娠中毒症による腎症などがあります。
むくみや食欲不振などの症状がなくても、血液・尿検査で異常が認められた場合には、放置せず一度専門医を受診することをお勧めします。

nephrology

腎臓の機能と腎不全の時に起こる異常の例
水の排泄 浮腫(浮腫)、高血圧、肺水腫(胸に水が溜まる)
酸・電解質の排泄 アシドーシス(体に酸が溜まる)、高カリウム血症、高リン血症
老廃物の排泄 尿毒症(気分不快・食欲低下・嘔吐・意識障害)
造血ホルモン産生 貧血
ビタミンD活性化 低カルシウム血症、骨の量・質の低下

慢性腎臓病(CKD)とは

慢性腎臓病とは、腎臓の機能が徐々に低下している状態であり、
適切な治療を行って、腎機能が悪化して末期腎不全へと進行することを減らす必要があります。
詳しくはこちらをご覧ください。(当院CKDサイト

nephrology_about-1

CKDのステージ
nephrology_stage

腎臓病にならないための予防法

1.適度な運動をする
2.バランスの取れた食生活をする
3.体重の定期的なチェックをする
4.禁煙を心がける
5.市販薬は注意して内服する
6.水をたくさん飲む
7.毎年腎臓の健康診断を受ける

(腎臓を守るために:http://www.jsn.or.jp/global/general/kidneyedu-0311.pdf
腎臓病が気になる方は、当院にご相談ください。

(参考サイト:日本腎臓学会「腎臓病とは」
http://www.jsn.or.jp/global/general/sassi_363.php

ページの先頭へ戻る