クリニックのご案内

看護部

教育体制

新入職者教育

コミュニケーションの円滑化を図りやすいよう透析看護の経験が豊富な看護師と年齢が近いスタッフの看護師2名によるプリセプター制をとっています。 入職者のこれまでの経験を考慮しながら、透析の専門知識や技術の習得を図ります。 当クリニックでは、初めて透析医療に関わるスタッフの学習支援のため「透析医療の技術とコツ」というオリジナルのマニュアルを準備しています。 これまで入職したスタッフは、プリセプターの看護師や臨床工学技士の指導を受けながら、このマニュアルを利用して必要な知識と技術を身につけてきました。 これに加えて平成24年4月からは、写真を多く取り入れた「新入職者教育資料」とそれに対応した「新入職者チェックリスト」を作成し、タブレット型端末の活用した指導を導入しました。 昔ながらの文章での説明書きと異なり、写真を見ながらよりスムーズに学習が進むように工夫を行っています。 重く分厚いマニュアル本と異なり手軽に持ち運べるため、ベッドサイドなど場所を選ばずに指導を受けたり、個人学習が可能となりました。

sinjin_kyouiku ipad

年間院内研修

各委員会やワーキンググループによる定期的な院内研修(感染管理、災害訓練、救急法等)を実施しています。 また、院外研修に参加したスタッフによる伝達講習を行うことで、新しい知識や情報の共有を図っています。

院内勉強会

年間を通して定期的にon-lineHDF・循環器看護・患者QOL・二次性副甲状腺機能亢進関連・フットケア・バスキュラーアクセス等の 院内勉強会を開催し、知識習得に努めています。
innai_bennkyoukai

院外研修参加支援

日本透析療法学会学術集会などの学会をはじめ、看護協会や各医療機器メーカーへの研修参加を支援(公費出張扱い、研修相談、勤務調整等)しています。

資格取得支援

当院の推奨している資格 1.透析療法指導看護師:現在3名が資格を取得しています (2011年1名合格 2013年2名合格) 2.山梨糖尿病指導看護師:現在5名が資格を取得しています (2009年1名合格 2010年1名合格 2011年2名合格 2012年1名合格) 資格取得希望者については、資格取得者が指導を行い支援していきます。

ページの先頭へ戻る